シニア保険・いきいき世代

スポンサーリンク 

シニア保険・いきいき世代

シニア保険・いきいき世代 について調べてみました。

 

シニア保険・いきいき世代 は、いきいき(シニア向け定期購読誌)から誕生した通販方式の保険で、「医療保険 新いきいき世代」と「死亡保険 あんしん世代」の2種類あります。

 

この保険はシンプルでわかりやすく、保険料も手ごろで保険期間が1年間の掛け捨て型ですから毎年保険の見直しをすることが出来ます。

 

保険の満期を迎えることが多くなる60歳〜65歳以上でも申し込みができ、20歳〜79歳まで申し込みができますし、90歳まで保障があります。

 

79歳まで申込ができる「いきいき世代」の主な特長は、次のようなことです。

 

医療保険 新いきいき世代については、入院日額5000円コースと10000円コースがあり、ご希望にあわせて選べます。

 

日帰り入院から90日の長期入院まで保障があります。

 

日帰り手術を含む89種類の手術を保障するということですね。
(5000コースの場合/最大20万)(10000円コースの場合/最大40万円まで)となっています。

 

先進医療(厚生労働省指定)の技術料についての保障もあります。
(5000円・10000円コース共1年間100万円まで)となります。

 

もし、既往症がある場合、特定疾病不担保という条件を付帯することでご加入できます。

 

死亡保険 あんしん世代については、100万円・200万円・300万円とご希望に併せて選べるから、無理なくお葬式代程度を準備できます。

 

いきいき世代の口コミ・体験を募集しています。

 

保険の豆知識

 

このページは、医療保険 新いきいき世代についての情報をご紹介しています。

 

いきいき世代の主な特長の中に、先進医療(厚生労働省指定)の技術料についての保障が、5000円・10000円コース共1年間100万円までとありますが、この先進医療について調べてみました。

 

 

先進医療は入院や手術などの医療費は保険診療となり、技術料は保険外診療となります。

 

保険診療で認められている医療の水準を超える先進医療技術と実施医療機関は厚生労働省により定められています。

 

高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術や家族性アルツハイマー病の遺伝子診断なども先進医療技術だそうです。

 

全額自己負担しなければならない先進医療の技術料はたびたび受けるものではないですが、手頃な保険料で先進医療保障が付いていることはもしも…の時にも安心できますね。

 

新いきいき世代では、24時間無料電話健康相談、いきいき無料保険相談、セカンドオピニオン、心のサポート、聖路加(せいるか)1日人間ドック優先予約、給付金請求に必要な医師の診断書作成費用補助などのサービスもあります。