茨城県

スポンサーリンク 

茨城県

関東地方一覧

 

 

 

茨城県に位置する筑波山を訪れた11月はもみじのライトアップがされてケーブルカーの夜間運行がありました。

 

10月から1月にかけての土・日・祝日は筑波山ロープウェイ夜の空中散歩が開催されて、美しい夜景が楽しめるようです。

 

茨城県にある筑波山は男体山と女体山という2つの峰からなり877mの高さがあり古くから信仰の山ともよばれているそうです。

 

877mの高さの山頂にはロープウェイやケーブルカーで上り眺めを楽しめます。

 

 

 

茨城県北部には大子町に袋田の滝があり、4段からなる袋田の滝は日本三名瀑(華厳の滝、那智の滝、袋田の滝)のひとつとして有名です。

 

紅葉の美しい10月から11月にかけて私が毎年訪れているお気に入りの場所です。

 

アンコウ鍋を食べるのも楽しみのひとつです。

 

茨城県常陸太田市の竜神大吊橋は全長375あまり、歩行者専用吊り橋では本州一の長さだそうです。

 

パワースポットとして人気の鹿島神宮やお子さまたちに人気の大洗水族館アクアワールドもあります。

 

 

 

 

 

茨城県の県庁所在地・水戸市は日本三大名園のひとつである偕楽園、そして、偕楽園と千波湖を一望できる好文亭、江戸時代最大の水戸藩藩校だったという弘道館、千波湖のほとりには徳川光圀公(水戸黄門)の像もあり水戸黄門ゆかりの地としても知られています。

 

 

 

偕楽園は梅の名所として知られ梅まつりが毎年2月中旬から3月末まで行われます。

 

 

3000本100種もあるという梅の花々たちが少しずつ咲きだす2月、春の訪れを伝えてくれます。

 

 

偕楽園の梅林はかおり風景百選に、選定されているそうです。

 

 

秋には偕楽園の萩まつりがおこなわれ、早春の梅の花はもちろん、秋の萩を観に訪れてみるのもよいでしょう。

 

 

お土産は水戸納豆(藁づと納豆)と梅羊かんや、梅干しなどです。

 

 

水戸から少し離れた久慈郡大子町には八溝川湧水群があり、この5か所の湧水には「金性水」など、水戸黄門・水戸光圀公が命名したと伝えられている風流な名前がついています。

 

 

八溝川湧水群は日本の名水百選に選ばれていますが、水質の関係で飲用できない名水となっているようです。