東海・北陸・甲信越地方

東海・北陸・甲信越地方

東海・北陸・甲信越地方岐阜静岡愛知名古屋三重富山石川福井山梨 | 長野新潟

 

 

東海、北陸、甲信越地方への旅の思い出もたくさんあります。

 

北陸地方を旅した時の記念写真やメモ帳を懐かしくながめているところです。

 

北陸地方への旅は数年前の11月に金沢兼六園庭を距離1.3km、2時間近くぶらり歩きました。

 

金沢駅に着いた時は雪がちらちら降っていました。

 

兼六園はちょうど雪吊りをしていました。

 

北陸地方の風物詩として知られている雪吊りは雪の害から木々たちを守るためにする作業ですね。

 

金沢兼六園は偕楽園、後楽園と並んで日本三大名園に数えれ、特別名勝庭園としても指定されているそうです。

 

私たちは徽軫灯籠(ことじとうろう)難しい漢字ですょね。

 

徽軫灯籠の名の由来は灯篭の足が2股になっていることからお琴を守る琴柱(ことじ)に似ているところからつけられたそうです。

 

その徽軫灯籠から眺望台、霞ケ池、雁行橋、七福神山、兼六園菊桜、内橋亭、梅林を通って時雨亭へ、そして翌滝へと歩きました。

 

11月に出かけてから翌年、兼六園にライトアップされた桜を観に出かけてきました。