年代別、保険加入のポイント

スポンサーリンク 

年代別、保険加入のポイント

年代別、保険加入のポイントを調べてみました。

 

生命保険に加入しょうとする時に20代なのか〜40代なのか、保険に加入する目的は?など、加入する保険のタイプを選ぶことが必要です。

 

 

死亡保障が目的なら定期保険や終身保険を、介護保障が目的なら介護保険を、医療保障なら医療保険を、老後の収入が目的の場合は年金保険などを考えられると思います。

 

 

現代は長生き時代と言われます。ということは、長生きするための保険の備えが必要になってきます。

 

 

長生きで健康ならば医療費はかかりませんが、年を重ねていくうえでどうしても病気になることが多くなります。

 

 

その時に必要なのが医療費です。

 

最悪の場合は介護が必要になることも起こりうるでしょう。

 

その時の備えとして、安心して治療を受けられるように医療保険の加入を検討しておくことをおススメします。

 

 

生命保険 相談

 


20代でまだ独身だったら、
まだ多額な死亡保障は必要ないですが、自分が病気になった場合の保障は必要ですから保険料が割安な医療保険を選んで加入しておくことがよいです。

 


結婚をしたりお子様が出来たり、家族が増えたりする20代後半から30代は
独身時代に加入した保険の見直しや相談、そして保険の加入を考える最適な時期かと思います。

 

 

独身時代と違って家族のために死亡保障が必要になりますが、保険以外にもお子さまの教育費や住宅に関する資金も必要になる年代でもあります。

 

 

お子さまの保険加入を考える場合は、保障を目的にするのか、学費の目的で加入するのかをはっきりと決めてから保険に加入することが必要です。

 

40代、教育費や住宅に関する費用も増え保険料などもアップして負担が大きくなる時期です。死亡保障は必要ですが、無駄な保障をつけていないか保険を見直し、相談することをしておくことをおススメします。

 

 

50代〜、子どもたちが独立したら、多額な死亡保障は必要ないが、年金や貯蓄だけでは足りない分の保障を考え、年金型保険など、保険の見直し、相談を考える時の参考にしてください。