みんなの生命保険アドバイザー

スポンサーリンク 

みんなの生命保険アドバイザー

生命保険 相談みんなの生命保険アドバイザーのおもなおススメ理由

プロの保険アドバイザーによる無料相談!

 

特定の保険会社に属しない独立した運営事務局!

 

1社の保険に偏ることなく幅広いライフプラン!

 

50社以上の保険会社と数百の保険商品!

 

みんなの生命保険アドバイザーの口コミ・体験を募集しています。

 

保険の豆知識

 

死亡保険金が受け取れない!これは、次のような場合にも起こります。

 

A男さん(被保険者)は大学を卒業して就職した際に保険に加入しました。

 

独身だったのでお母さんを死亡保険金の受取人にしました。

 

5年後、B子さん(配偶者)と結婚してお子様も出来き幸せな日々が続いた数年後に、A男さんは病死してしまいました。

 

しかし・・・配偶者のB子さんもお子様も死亡保険金は1円も受け取ることができません。

 

被保険者であるA男さんが亡くなった場合の死亡保険金受取人はお母さんなので、お母さんが全額受け取ることが出来ます。
A男さんはB子さんと結婚した時に独身の時に加入した保険の見直しをしていなかったのです。

 

A男さんは結婚した時に保険の見直しをして、死亡保険金の受取人を妻であるB子さんに変更しておくべきでした。

 

子ども保険についても見直しが必要な場合があります。

 

子ども保険は出産前から加入が可能な場合もあります。

 

早く加入すれば期間が長い分月額保険料が安くなる場合があります。

 

将来の教育費のことを考える子どものための保険です。

 

計画的に教育費を貯蓄することができます。

 

もちろん、お子様の死亡や事故の保障もつき、中学・高校卒業時など節目の時に、満期保険金を受け取るものや、小・中・高・大学に入学の時にお祝金が出るものもあります。

 

契約者である父親が死亡した場合の保障がつきます。

 

(保険料支払いが0円になり、契約内容も保障されます。)

 

子ども保険は元本割れする場合もあります。